【人妻体験談】公衆便所で浣腸されて、他人の側で漏らしてしまいました

この記事の所要時間: 82

【投稿者:由香(27)】

私たち夫婦は20代前半に結婚しました。

そして今は家族も増え、小学校入学前の子供が一人います。

今日私がここでするのは、子供が友達の家にお泊まりをし夫婦で出かけた時の話です。

私たち夫婦は同じくらいの年齢の子ども達を持つ友人たちが多く、週末はいずれかの自宅に子どもを預けるお泊まり会をする事が多いのです。

私の夫は大学で知り合った一つ年上の人です。

見た目も良く学生時代からモテる事が多く、私と付き合っていた時も他の女性から告白される事もしばしば。

仕事も独立した事業で成功し同世代よりも圧倒的に収入も多く、それに加えて人間性も良いという尊敬できる人です。

もう何の文句もない、私には本当にもったいない夫です。

ただ一つの事を除いては。

一見しては完璧に見える夫ですが、一つだけ欠点がありました。

夫は性欲過多なのです。

子どもを預けた日、出かける予定が無ければ朝から晩まで抱かれたり。

出かけた日でも人目がつかない所で口でするように言われたり、自宅外で抱かれたりするのです。

付き合い出した頃は普通だったのですが、その面は次第に現れてきました。

学生の頃から身体を求める頻度は高かったのですが、次第に行為自体もアブノーマルなものへとシフトしていきました。

子どもが生まれてからもそれは変わりません。

もう落ち着いてやめて欲しいと言いたいのですが、夫のただ一つの欠点なのだから受け入れたいという気持ちがありました。

それに、私も応えているうちにまんざらでもなってきていました。

でも、その日の行為はそんな私でも恥ずかしさと恥辱の限度を超えたものでした。

→→【セクハラ体験談】エスカレートするセクハラは人妻を狂わせる

この日も友人宅に子どもを預け、ランチに合わせてデートをしていました。

食事の後の買い物も終わり車に乗り込んだ時、いつものように夫が私を抱きたいと言い始めました。

いつもの事なので後部座席に移りフェラしてあげようと思いましたが、夫はそれを拒み場所を移しました。

少し車を走らせて着いたのは、とある複合施設でした。

詳しい事は言えませんが、そこはイベントなどを開くことが多い建物なのですが、その日は何も予定が無かったのか人の気配が無いに等しいほど閑散としていました。

夫に手を惹かれるように男子トイレに連れ込まれ、二人で個室へ入りました。

抱き合うようにキスをしながら私は服を脱がされて行きます。

露出デートの時は下着を身に着けていませんが、今日は予定外の行為だったのでしっかり下着をつけています。

それがなんだか逆に恥ずかしくて…。

裸にされるよりも下着姿の方が現実味があって、悶えそうになってしまいます。

→→【不倫体験談】パート先の年下男性に寝取られた人妻

全裸のまま夫に抱きしめられ、このまま公衆トイレでセックスを…と思っていましたが、思ってもいなかった事を夫から言われたのです。

耳元で「こっちにお尻を向けて。浣腸するから。」と。

私は耳を疑いました。

今までも浣腸はしたことがあるけど公衆トイレでは初めての事。

抵抗はあったが、私はしぶしぶ従いました。

便座に手をつきお尻を突き出すと、私のアナルに容器の先端が差し込まれます。

そして少し生温い液体がお腹の中に注ぎ込まれていきました。

 

(あぁ…少し気持ち悪い……)

 

コップ一杯分くらい(?)の量でしょうか。

市販の容器2つ分がお尻の穴に注がれました。

少しだけお腹が貼る感じがしますが、まだ余裕があります。

言われるがままに便座の上に和式トイレのようにしゃがみ、足を開くポーズで待機させられます。

夫はわざとらしくしゃがみこみ下から覗き込み、私のパイパンのアソコとアナルを鑑賞していました。

→→【痴漢体験談】夫と痴漢プレイをしていた人妻が他の男に目をつけられて

ここからは、出そうになるまでの我慢です。

いくら誰もいないからと言っても公衆トイレでは会話もしづらく、お互いの耳元で必要最小限の事だけを話しながらその時を待ちました。

2,3分たった頃、時折お腹が鳴り始め、頃合いをが近づいてたのを感じます。

いつもは浣腸する時は予告されていたため、あまり汚いものを見せないように、あらかにめ排泄していました。

でも今日は予定外な事だったので何も準備していません。

なので早く出して済ませてしまいたい一心でした。

そして、次第に限界が近づいてきました。

 

(そろそろ出してしまおう……)

 

夫に訴えようとした時、ガチャリと音を立て、誰かが入って来たのです。

→→【不倫体験談】スポ少の人妻インストラクターは俺のセフレ

ビクッとし夫を見ると、耳を澄ませ外の様子をうかがっています。

入って来た男性は時折独り言をいいながら用を足し始めました。

 

(よかった…おしっこならすぐに出ていってくれるに違いない……)

 

そう思ったが中々出て行きません。

1秒でも早く出て欲しいのに、男は手を洗ったり鏡の前で何やらしていて出て行く気配がありません。

3+


このサイトはフィクションであり、痴漢・レイプ等の犯罪行為を推奨するものではございません。
また、実在の人物や団体などとは関係ありません。
エッチな願望はここで発散!