【不倫体験談】久しぶりに会った同級生と不倫してしまった若妻の体験談

0
この記事の所要時間: 432

【投稿者:いちか(23)】

わたしは現在23歳

夫は35歳の美容師

1歳になったばかりの息子と3人家族です

結婚した当初は人妻という響きに舞い上がりました

21歳で結婚し22歳で出産したのもあり家庭におさまるほどの器ができてませんでした

妊娠中は少し体重が増えましたが、今ではダイエットのおかけで49キロまで落とすことが出来ました

身長は150センチとすこし小柄ですが気が強いところがあり、たまに夫から注意されたりします

夫とは仲が良いですが年の差があるのでラブラブ温度差があります

セックスについてもわたしは週に一回はしたいのに夫は月に一度ほどで十分だそうです

すこし不満を待ちながらも仲良くやってきたので自分が不倫するとは思ってもみませんでした

そんな悶々とした日々をご中仕事の関係で地元に戻ることになりました

家族や友達がいる地元に引っ越してからは育児のストレスも減ました。

それに加えて、夫も仕事上自由に時間が増えたせいか、家にいる時間も多くなりました

ですが、それでも夜の営みは増えず頑張って打ち明けてみても

年の差があるから…。

的なことを言われてあしらわれてしまいました

せっかく好きな人と結婚したのに、モヤモヤとする毎日

そんなところに、夫と出会う前によく遊んでいた男友達から久しぶりに連絡がきました

取引先の男性社員から中出しされてしまった人妻

わたしが「いいな」と思っていた人です。

付き合わなかったのですが、なんとなく特別な友達でした

「久しぶりに会いたいけど、人妻だから無理かな?」

連絡が入ったのでお茶くらいなら大丈夫と昼間2人で会いました

いいなと思ってただけあって、久しぶりで話が盛り上がって楽しい時間でした

帰りの車で、彼もわたしと付き合いたいと思っていたけれど、連絡が来ないまま人妻になってたから驚いたとのことでした

言ってくれたら付き合ってたのに…なんて言いながら、2人で過去を笑いながら家まで送ってもらいました

そして何日かたった頃「また会えないか?」と連絡がきました

出れそうな時間が夜しかなかったので罪悪感はあったのですが…

夫との事でストレスが溜まっていたのかもしれません。

「友達と飲みに行ってくるね。」

と嘘をついて、彼の家に行くことになりました

夫に内緒で男友達の家に行きました

夫には女友達のところに泊まると言って出かけましたが…もしかしたら不倫になるのかなと少し思って出ました

でも、体を許す事になるなんて、この時は思っていませんでした。

彼の家に着いてからは、お酒を飲みながら地元の友達や仕事のことを話しました

笑い話をしながら、4時間くらい飲んだ頃です

家庭での不満を口にしながら、随分と酔ってしまいました。

そんな時、彼が

「そんなに旦那への不満を言ってたら…俺を誘っているように聞こえるぞ?

真剣な顔で言いました

「ふふっ、そうかもね。」

…と、私は冗談で言ったつもりでしたが、彼はそうではなかったようです。

隣に座る私に覆い被さり、突然キスをしてきたのです。

少しびっくりしましたが、正直に言うと悪い気はしませんでした。

少しヒゲの生えた口元が痛かったですが初めてキスをしてゆっくり服を脱がされました

人妻なのに頭で考えていましたが…。

拒否するか悩んでいるうちにどんどん進んでしまい彼の若い肌と激しい愛撫に溺れてしまいました

「相変わらずスタイルがいいね。子どもを産んだなんて思えないよ。」

裸を褒められるなんて久しぶりです。

美人美容師がお客に買われ愛人契約してしまいました

頭から足の先まで、彼は1時間くらい愛撫してくれたと思います

彼の指は私のアソコを中から優しく刺激し、わたしは何度かイってしまいました。

人妻という事も忘れ、彼のおちんちんを咥えこみ、まるで赤ちゃんのように彼の熱い精液を啜ります。

夫とは比べたらいけないですが……若くて体力のある長く激しい突きにやみつきになりそうでした

2時間ほどたっぷり愛し合ったあと少し寝て昼前に帰宅しました

夫はなにも疑うことなく普通でしたが、不倫をした罪悪感からか優しく接している自分がいました

まさか自分が不倫するとは思ってなかったのですが彼との熱い夜を忘れることが出来ませんでした

それから彼から会おうと何度か連絡がきていましたがなかなかタイミングが合わずに2度目のお泊りは出来ていません

相変わらず夫は月に一度気が向いたときに求めてくるだけで味気ない毎日が続いています

もしこれから彼と時間が合う事があれば…

いけないと思いつつも、また彼に抱かれてしまうかもしれません。

パート先で常連客に寝取られた人妻

0
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!