【痴漢体験談】真面目な人妻だったはずの私が、痴漢に犯されて本当の自分を知りました

7+
この記事の所要時間: 826

痴漢をされたなど、当然夫に言うことなどできません。

それも、イカされてしまったなんて。

心配させてしまう事も理由の一つですが、絶頂を迎えた私は、被害者の意識を持つことができませんでした。

痴漢に悦ばされてしまったからでしょうか。

しばらく自己嫌悪していた私ですが、1週間ほどした時に、自分の変化を感じてさらに深く罪を感じることになっています。

……私は、無意識のうちに痴漢を探している事に気づいてしまったのです。

以前は選ばなかった短めのスカート。

体のラインが浮き出る服。

まるで痴漢を誘惑するような服装で通勤するようになりました。

夫から「そんな服装で痴漢に合わない?」と聞かれても、そんな事はないと笑顔で首を振るのです。

幸か不幸か、軽い痴漢はいても、あの日の痴漢には再会していません。

真面目な人妻だと思っていたのに…

私はあの痴漢によって、本当の自分、淫らな自分に気付かされたのでした。

→→【体験談】妻がパート先で常連客に寝取られていたなんて

→→【痴漢体験談】痴漢願望を開発されて堕ちた人妻

→→【輪姦体験談】泥酔した人妻が輪姦レイプで肉便器に

→→【痴漢体験談】学生たちに集団痴漢されイカされてしまいました

→→【媚薬体験談】上司の妻を媚薬で性奴隷に変えてやった

7+
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!