夫に内緒で男に抱かれ不倫してしまった人妻の体験談

1+
この記事の所要時間: 342

【投稿者:美絵(28)】

今日も私は朝8:50に会社近くの喫煙所にいます。

旦那や友人からは

「もうタバコやめたら?」

と言われることも多いのですが、やめられないのが現状です。

だって、ずっと気になっている彼と2人で話す時間は喫煙所でしか無いから……。

彼は、隣の部署のマネージャー。

年上の奥さんと2人の子供がいます。

初めて彼と話したのは仕事のことでした。

でも、その時の瞳の奥に感じる私への下心が彼の視線とともに、全身を舐めまわされる感覚になって……。

普通に考えるとセクハラですよね。

いつもは気持ち悪いと思うのですが、その時の私は彼の視線で恥ずかしい程に濡れてしまっていました。

しかし、彼からプライベートの誘いがある訳でもなく相変わらず職場では挨拶程度。

不倫にもならない程度の事でした。

朝あまりタバコを吸わないのですが、ある日、たまたま喫煙所にいくと彼がいました。

そこから毎日家を少し早く出て出社前に一服するのです。

雨が降っていてじめじめした朝、いつものように喫煙所へ行きました。

「今夜お客さんと行く予定だったレストラン、お客さんが来られないので一緒に行かないか?」

という誘いでした。

私は、もちろんOKしました。

(今日はちょっとエッチな下着をつけていてよかった。)

彼がその気なのか分からないのに、そんなことを考えていました。

そして、お客さんと行く予定だったレストランで食事を済ませ、2軒目に。

2軒目のお店で彼が私と今夜どうしたいのか分かりました。

そのお店は、大人の雰囲気のバーです。

最初は会社の話をしていたが、だんだんとお互いのプライベートの話へと変わっていって……。

その頃には彼は私の腰に手を回していました。

彼が私を見る視線がたまらなくイヤらしくて……。

私も彼の行為を嫌がるでもなく、受け入れてしまっていました。

そうなってしまうと、自ずとイヤらしい話題に変わってしまいます。

……お互いのセックスの好みへの話になりました。

私は酔いのせいもあり、赤裸々に話してしまいました。

それが不倫の始まりだとも知らずに。

恥ずかしい性癖を告白してしまい

「実は、言葉攻めされるのが好きなんです……」

すると彼は私にキスをし、

「してあげるよ」

と一言だけ言うととお会計を済ませました。

時間は夜の22時半、終電まではまだ時間があります。

私たちは近くのホテルに入りました。

彼の視線に我慢が出来ず、心の中で夫に謝りながら、エレベーターで激しいキス。

部屋に入り、彼に見つめられながら少しずつ服を脱がされていきました。

彼は確かめるように私のアソコに触れたのです。

(もう、びちょびちょに濡れている……。)

私が恥ずかしそうに俯き、そのことに気づいた彼は私を乱暴に押し倒し、全ての服を脱がせました。

私は彼のモノをゆっくりと愛撫しました。

彼の反応を見ながら、丁寧に舐めまわします。

すると彼が私の頭を持ち、さらに奥へと彼のモノを押し込んみました。

苦しい、だが私の体は反応してしまいました。

(もう、彼のモノがほしくてたまらない……。)

そして彼は、私の中に入れたのです。

彼は私の耳元で囁きます。

「美絵さんがこんなにイヤらしいなんて思わなかったよ」

「旦那さんに悪いと思わないの?」

自分勝手なセリフを、何度も何度も。

出したり入れたりを繰り返し……繰り返し……。

悪い事をしているからなのか、会社で仕事しているところを見ているか、すごく感じてしまった私は、彼の視線と言葉に酔わされながら、二人で絶頂に達してしまいました。

ベッドに横たわりながら二人でタバコを吸い、次の約束をしてお互いの家庭へ帰ったのです。

1+
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!