【人妻体験談】出会い系で知り合った男性にお金のために抱かれて

この記事の所要時間: 326

【投稿者:山野ちなつ(29)】

私は専業主婦なのですが、夫に隠れてサポしてくれる男性と会っています。

と言っても誰とでもという訳ではなくて、一人だけなんですが……。

本当は既婚なのにこんな事をしちゃいけないのは分かってるんです。

でも、お小遣い欲しさに手を出してはいけない事をしてしまいました。

きっかけは本当にただの暇つぶし。

出会い系サイトに登録して欲求不満な人妻を装っていれば下心丸出しな男の人が寄ってくるし、適当な話し相手には事欠かないなと思って。

その考えはある意味当たりでした。

私が一つ投稿する度に男の人から届くメッセージは次第に増えていったのです。

顔は写さずに少しだけ際どい写真を載せただけで男の人が集まってきて、私の承認欲求はかつてないほどに満たされていたと思います。

こうして私が出会い系を覗く時間は増えていきました。

そして多くの男性とメッセージのやりとりをする中、とある男性と気が合い、多くのメッセージをやりとりするようになったのです。

その男性はNさんと言い、プロフを見る限りでは随分とスペックの高い人みたいでした。

でもそれも自分を偽っているのだろうと思ったけど、メールのやりとりを見ているとあながち嘘でもないように思えてしまいます。

そして私は「お食事だけ」の約束でその男性と会うことになりました。

初めて会った印象は大柄で人当たりのいい年上の男性といった印象で、その日のお食事はとても楽しいものでした。

お食事だけ約束とはいえ、出会い系で会ったのですから予想していましたが、やはりNさんは私をホテルへ誘ってきました。

もちろん私は断りましたが、Nさんは私にサポするからと提案をしてきたのです。

それも、私の思っていたよりも遥かに大きい金額で。

私の心は揺れました。

その金額はとても魅力的だったのに加え、この人とだったらしてもいいかなと思う程度には好感度が高かったのですから。

私が悩んでいてもNさんは急かすような事はせず、次に会う時に考えておいてと言いました。

そして「もしその気になったら、これで僕のために下着を選んできて。」とお財布からお札を数枚取り出して私に渡してきたのです。

さすがに受け取れないと返そうとしましたが「もしその気にならなくても返さなくていいから」と押し切られ、結局受け取ってしまったのです。

夫以外の男性に言われるがままに

そして、私は数日悩み……彼に抱かれる事を承諾しました。

初めて足を運ぶインポートブランドのショップへ足を運び、できるだけセクシーな下着を用意したのです。

0


このサイトはフィクションであり、痴漢・レイプ等の犯罪行為を推奨するものではございません。
また、実在の人物や団体などとは関係ありません。
エッチな願望はここで発散!