【不倫体験談】フィットネスクラブで知りあった男とのダブル不倫に夢中になる人妻

0
この記事の所要時間: 1450

舌だけで達するなどいつ以来か思い出せません。

彼は私の少ない経験上でも決してテクニシャンというわけではありませんので、いかにセックスに愛情が重要かがわかります。

私が絶頂した後も彼は下半身への愛撫を続け、私に奉仕してくれます。

その姿を見ながら私は自分も彼のことを愛したいと強く思いました。

→→【不倫体験談】パート先の年下男性に寝取られた人妻

彼にストップをかけた私は彼に仰向けになるようにお願いして、彼の性器を口に含みました。

「無理にそんなことしなくて良いんだよ」

彼がそう言ったのは私が下手だったからでしょうか。

若い頃からフェラチオと呼ばれる行為は苦手で夫のも舌先で舐めるくらいでほとんどしたことがありません。

それでも私はこの時どうしても彼にも気持ちよくなって欲しかったのです。

「上手にできなくてごめんなさい」

「そんなことない。嬉しいよ」

その言葉が嘘ではないことを証明するように彼の性器は固さを増してきます。

何か変な味も口に広がってきました。

私は自分に出来る全てを出して彼を愛しました。

「そろそろいいかな」

彼は起き上がり私に尋ねます。

私も彼を見つめて無言で頷きます。

彼は枕元にあった避妊具を素早く着けると、仰向けになる私の入口に性器をあてがいました。

「お願い、来て」

一瞬夫と子供の顔が頭を掠めましたが、彼の優しい瞳を見るとすぐに消えてしまいました。

今ここで女として愛する人に抱かれる喜びに勝るものはありません。

彼はゆっくりと私の中に入ってきました。

少しずつ奥に入っていくにつれて性的な快感と愛される喜びが溢れてきます。

私は「あぁぁっん」と声を上げて喜びを表しました。

奥まで挿入すると彼は私を抱きしめながら動き始めました。

私の反応を確かめるように大きく動かしながら出し入れをしてきます。

私は彼の首に掴まりながらその快感を受け入れます。

見つめ合い、キスをして、また抱きしめる。

体位も変えなければ、打ち付けるような腰使いもないセックスです。

興奮を高めるような卑猥な言葉はなく、口にするのは「愛してる」の言葉と悦びの声だけです。

でもそれは私たちの望みであり、最高に幸せな形でした。

そんな激しさのないセックスの中でも私は何度も絶頂に達してしまっていました。

自分でも何が起きているのかわからないくらいです。

汗だくになりながら必死に私たちは一つになろうとしていました。

やがて彼の動きが少し激しくなってきます。

限界が近づいてきたようです。

「もう出てしまいそうです」

彼は弱々しい声を出し、それが一層愛おしさを感じさせます。

「いいのよ。あなたも気持ち良くなって」

私はこの日一番の強さで彼を抱きしめてキスをしました。

キスをしながら彼は激しく腰を振り、やがて動きを止めました。

塞がれた口から私も絶頂の声をあげます。

彼の性器が中で脈打っていることが避妊具越しにもわかりました。

しばらくそのまま抱きしめあっていましたが、彼は我に返ったように謝りながら性器を私の中から抜き出しました。

彼が離れてしまうと体の一部が失われたような寂しさを感じます。

彼は何かを口にしようとしましたが、私はそれを防ぐようにキスをしました。

それで全てが伝わったようで、彼も私にキスを返えし、私たちは笑いながらまた抱きしめ合いました。

初めて結ばれた日から私たちは深い愛情で繋がるようになりました。

これは一般的には不倫と呼ばれる行為であることは理解しています。

私は人妻であり、彼も奥さんがいるので許されることではないのも覚悟のうえです。

それでも私たちはお互いを必要としていて離れることはできません。

今のところはお互いに家庭を壊すつもりはありません。

許されない関係であるからこそ、慎重に愛を育みたいと考えています。

彼とフィットネスクラブで会える日は私にとっては幸せな日で、その後にデートがあってもなくても生きている実感が湧きます。

何も知らない夫はフィットネスクラブに通い出してから私が綺麗になったと喜びますが、私が綺麗になったのは夫のためではありません。

いつかお互いの身を滅ぼす危険な関係だとわかっていますが、この愛が原因で全てを失うなら本望です。

もう私は元の夫に尽くす人妻に戻ることはできません。

→→【体験談】妻がパート先で常連客に寝取られていたなんて

→→【痴漢体験談】痴漢願望を開発されて堕ちた人妻

→→【輪姦体験談】泥酔した人妻が輪姦レイプで肉便器に

→→【痴漢体験談】学生たちに集団痴漢されイカされてしまいました

→→【媚薬体験談】上司の妻を媚薬で性奴隷に変えてやった

0

Hな体験談 投稿募集中

あなたのHな体験を投稿してみませんか?

「人には言えないけど、誰かに聞いて欲しい……。」

そんな皆様の秘密のHな体験談を当サイトでは募集しています!

Hな体験談を投稿する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!