【女教師体験談】映画館で集団痴漢された末に輪姦された女教師

この記事の所要時間: 856

【投稿者:鎌倉和奈(31)】

これは、私が二人の少年に輪姦されてしまった時のお話です。

私は大学を卒業してから、ずっと高校の教師として働いてきました。

仕事にやりがいはありますし、生徒たちのことも可愛いと思っています。

しかし、教師は残業が夜遅くまで続くこともありますし、いわゆるモンスターペアレントの相手をしなければいけないこともあり、ストレスは溜まってしまいます。

特に私は、ストレスが溜まると性欲が強くなってしまうタイプで、そういう時はネットで買ったバイブで自分を慰めます。

本当はセックスするのが一番いいんですけど、数年前に彼氏と別れてからはずっと独り身なので、できないんです。

性欲そのものは解消されているものの、セックスが恋しい。そんなモヤモヤを抱えている時に、あれは起きたんです。

その日は、友人と遊びに行く約束をしていました。

しかし、待ち合わせで待っているとその友人から連絡が入り、急に用事が入ったためにこっちへは来れないと言われたんです。

また後日一緒に遊ぼうということになったのですが、そのまま帰るのもなんだかもったいなくて、私は近くの映画館に足を運びました。

人気がある作品は軒並みチケットが売り切れていたので、聞いたこともないタイトルの作品を観ることにしたのです。

しかし、上映時間になって館内に入ってみたら、人が全くいなくて驚きました。

いざ始まってみると、案の定すごくつまらなくて、失敗したなと後悔しました。

けれど、お金を払っているし途中で出ていくのもなあ、と思ってそのまま観ていたんです。

でも、30分もしないうちに仕事の疲れもあって寝てしまったんです。

どれほどそうしていたかは、わかりません。

ふと、体を触られた感触がして、私は目を覚ましました。

すると誰かが私のスカートに手を入れているではありませんか。

左右から二人の男が私の身体を…

 

「え!?」

 

慌てて周りを見渡すと、空席だった両隣にいつの間にか人が座っていたんです。

どちらもうちの生徒と同じぐらいの少年で、片方の子は頭を金髪に染めていて、もう片方の子はピアスをしていました。

私のスカートに手を入れていたのは金髪の子で、二人ともニヤニヤ笑いながら私を観ていたんです。

 

「ちょっと、やめなさい!あなた達、こんなことして、学校に知られたら退学になるわよ」

 

私は金髪の子の手を掴んで止めようとしましたが、腕力では敵わず、それどころか逆に二人から抑え込まれてしまいました。

私がそういうと、二人はおかしげに笑いました。

 

「先生みたいなこと言うんだな」

「女教師か、悪くないなあ」

 

金髪の子は手をパンツまで伸ばして、ピアスの子も私の胸を触りだしました。

 

「やめて、やめてよ」

「そういわずに遊ぼうよ」

「そうそう、悪いようにしないからさ」

そう言いながら、二人は私の服に手をかけ、はだけさせていきます。

「いやっ」

 

私はせめてもの抵抗で身をよじりましたが、何の意味もありませんでした。

0


このサイトはフィクションであり、痴漢・レイプ等の犯罪行為を推奨するものではございません。
また、実在の人物や団体などとは関係ありません。
エッチな願望はここで発散!