【セフレ体験談】泥酔した人妻が年下大学生のセフレに堕ちるまで

この記事の所要時間: 1425

もぞもぞと男はベッドから体を起こした。

覚悟はしていたが、男もまた裸だった。

 

「んー……どこから話そうかな。」

 

男はぽつぽつと話し始めた。

昨日友人たちと飲んでいて解散し、一人で飲もうと入った店に私がいたそうだ。

カウンターで隣になり話をしているうちに盛り上がり、男の部屋に帰宅。

そしてその後は男に抱かれたと……。

 

「そんなはずないでしょ!きっと無理やり……」

「そんな事ないって。本当に全然覚えてないの?セフレになるって言ったことも?」

「セ…セフレ?私がそんな事言うはずないじゃない。ありえない!」

 

男は心底困ったような顔をして答えた。

そして「それじゃ、これなら信じる?」とスマホを手に取り、一つの動画を私に向けた。

その画面に映っていたのは…男に抱かれている私だった。

それも恥ずかしいほどに乱れている姿だった。

盗撮を疑う余地もない。

カメラを見つめながら男の股間を口いっぱいに頬張っていた。

 

「じゅぶ…じゅぷっ……ちゅぱ……んふぅ…」

 

根本まで咥え込み、舌で筋の部分を舐めあげ、軽く喘ぎながら先端にキスをしていた。

夫へのフェラでもこんなに大胆にした記憶はない。

恥ずかしいほどに発情しきった顔で咥えていた。

 

「あぁん……こんなにセックスでイカされたの初めて…」

「ねぇ…また元気になったから……。お願い……挿れて…?」

 

無理やりを疑う余地もない。

自分から男を誘うように大きく足を開け、指で入り口が見えるほどに広げている。

もうセックスした後なのだろう。

私の入り口は軽く開き、淫らにテカっている。

そして何度目かの挿入を懇願していた。

 

「もういっぱいイッたでしょ?俺も3回は出したし…続きは起きてからしようよ」

「えぇ…お願い…あと一回だけ…ねぇ……」

「そんなに欲しいの?じゃぁ…俺とセフレになっちゃう?」

 

スマホの中の私は少し悩んでいた。

 

「セフレ…?だって、夫がいるし……」

「バレなきゃいいじゃん。どうせもうセックスしちゃったんだし、大して変わらないって」

「……うん、じゃぁ…なる……。セフレになるから…ね?お願い…挿れ…て……?」

 

自分が恥ずかしくなるほど甘えた声。

夫にどころか、こんなに積極的に男の人を誘った事なんて一度もないのに…。

それも不倫で名前も知らない男を求めるだなんて……。

 

「じゃぁ、今からもう1回だけしよっか。」

「うん、うれし…ぅん……んぁぁ…挿ってくるぅぅ」

 

ここで私はスマホに手を伸ばし画面を隠した。

もう無理やり犯されてはいないと言うことは十分にわかった。

それどころか男よりも私の方で求めていた事も……。

 

「ね?違ったでしょ?」

 

私は謝ることしかできなかった。

でもそれは別として、この動画を消して貰わなければならない。

なんとか消してもらおうと男に頼むが、一向に応じてくれない。

しばらく男は考えていたが…男は条件付きで消してくれる事を約束してくれた。

 

「じゃぁ、改めて俺のセフレになるって約束してくれたら消してもいいよ」

 

確かに昨日の私は望んでセフレになると言ったけど、それは酔っているからだ。

素面なら絶対にそんな約束はできない。

でも、このまま帰ったらセックス動画は決して消えることは無い。

私に選択肢はなかった。

5+


このサイトはフィクションであり、痴漢・レイプ等の犯罪行為を推奨するものではございません。
また、実在の人物や団体などとは関係ありません。
エッチな願望はここで発散!