【OL体験談まとめ】巨乳のキャリアウーマンは見かけによらずスケベな女だった

0
この記事の所要時間: 932

仕事終りに取引先の保険代理店の人と飲みに行った。

1時間ほど居酒屋で飲んでるとその保険代理店の人は男同士じゃつまらなくなったのか、自分の懇意にしているお客さんの女性を電話で呼び出した。

20分程してその女性がやってきた。名前は彩子、30歳で少しふっくらとはしているがブスではない、キャリアウーマンといった感じの女性だ。ムチムチのボディーラインが分かる様なタイトなスーツ姿でやってきた。

3人でワイワイと1時間ほど飲んでいたが保険代理店のおじさんは酔っ払ってしまったのか、「先に帰るわ?」と言って家に帰ってしまった。

後に残されたのは初対面の俺と彩子。一瞬気まずくなるかとも思われたが、そこは営業職の俺、トークで盛り上げ2件目のBARへと彩子を連れ込んだ。

BARでも1時間ほど飲む。程良く酔っ払う彩子。松下由紀の若い頃のようなその顔がほんのりと赤らんでいる。次第に俺へのボディタッチが増えてくる。

その頃の俺は×1になって4年ほど経過した頃、ショックから立ち直りかけで性欲も徐々に復活してきていた頃だった。聞けば証券会社に勤務をして8年ほどのキャリアウーマンで、仕事もなかなか出来る女性だった。

「忙しくて男なんて作ってる暇ないわ…」そう言って彩子は俺の方をじっと見た。俺は何かピーンと感じるところがあった。『こんなことをいう女性は大抵性欲が溜まってるもんだ…』直感的にそう思った俺は彩子の腰に手を回した。

一瞬かすかに「ビクッ」っと反応する、そして俺の方を上目使いで見ながら微笑む。

俺「結構飲んじゃったね、酔ってない?」彩子「私お酒強いのよ、でも少し酔ったかも…」そう言って俺の方に頭を預けてきた。

俺は『もうひと押しかも…』そう思ったがここはBARカウンター、他にも5,6人の客がいる。大胆なことは出来ないと思い様子を伺う。

すると彩子は「ちょっとトイレ行ってくる。」そう言って席を立った。トイレは店の少し奥まったところにあり、少しだけ死角になっている。『チャンス!』と思い、俺もトイレの方へ向かう。

そこは小さなBARだったため男女兼用のトイレだった。トイレの前で立ってると彩子が出てくる。入れ替わりで入ろうとする俺。俺「カウンターで待ってて…」そう彼女の耳元で言うと頬に軽くキスする。

するとどうだろう、彩子の反応は意外だった。

彩子「嫌っ、もっとちゃんとキスしてよ。」俺はもう一度彩子の唇に軽くキスした。俺「場所変えよ?」彩子は軽く頷いた。

0
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!