【人妻体験談まとめ】同期の人妻とセフレ関係に

0
この記事の所要時間: 547

今年の夏に10年来の知合いの人妻とSEXした。

彼女のスペックは身長170cm半ばでスレンダーなモデル体系。胸はDカップ位。

顔は仲間由紀恵似。元は職場同期入社として知り合った。

当時はお互いに独身。彼女は明るく人見知りしないので人気があったし、職場中の男がエロい目でみていたと思う。

同期ということもあり、在職中は他の同期のメンバーと一緒に飯を食いに行ったりしたことがあるくらいの関係。

お互いその職場を辞めた後も、たまにメールするくらいだった。俺が結婚し、彼女を披露宴の二次会に呼んだ。程なくして、彼女も結婚し俺は二次会に出席した。

彼女は胸元の派手に開いたエロいドレスを着ていた。その後も、特に会う事もなかったが、去年あたりからちょっと展開があった。

俺の子供が俺の携帯を悪戯していて、間違って彼女に電話がかかってしまった。彼女は出ず、すぐにこちらから間違い電話の旨、メールしたら返信がきた。

久しぶり、懐かしいね。またお茶したい… なんていう内容だったので冗談めかして今度合おうぜと返信したら、とんとん拍子に話が進み実際に会うことになった。

平日の午後、仕事の合間にコメダでお茶した。13時から、なんやかんやで17時くらいまで。

話題は尽きず楽しかったが、そのなかで俺が他の元同僚の女の子と焼き肉行った話しをしたら、私も行きたかったと言い出した。

適当に流しつつ、今度焼き肉に行きたい気分になったら誘うわ、と返事。この辺から俺の中の下心が育ってくる。

1ヵ月ほどして実際に彼女を焼肉に誘う。おおいに乗り気の返信があり、日程調整をした。

二人きりで夕飯は初めてでその頃には俺もエロいハプニングを期待していた。その日は妻には「泊まりで出張」と言い万全の体制をとる。

待ち合わせ場所に時間どうりに現れた彼女は、夏場ということもあり、ジーンズにタンクトップに薄いカーディガンという服装。

ジーンズが脚の長さと尻の張りを、タンクトップが胸の膨らみをそれぞれ強調するのを視姦しつつ、焼き肉屋へ。

平日なので、店内に人影はまばら。座敷席に案内される。座敷に上がるために靴を脱いで揃えようと彼女が屈んだ瞬間、ジーンズから除く腰パンが見えた。

色は可愛いピンク。ちょっとフリルのついているのもみえた。

いきなりの幸運にテンションが上がる。

彼女に酒を飲ませつつ、焼き肉を食べる。いつも饒舌な女だが、酔いで緊張感がゆるんだのか、さらに饒舌になり旦那の愚痴やら聞かせてくれる。

だんだんと暑くなってきたのか、カーディガンを脱ぎ、タンクトップ姿になる彼女。露わになった肩が艶めかしい。頬も酔いで紅潮している。

0
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!